AESOP(イソップ)のハンドクリーム2種類をメンズが紹介【レバレンスハンドバームを使ってみた】

デザイン

こんにちは!

今回はAesop(イソップ)のハンドバームを紹介します。

イソップは主にヘアケア、スキンケア、ボディケア製品を販売しています。

男女問わず人気のブランドで、休日は店舗の前にはたくさんのお客さんで長い行列が作られています。

「試してみたいけど店舗で並ぶのがめんどくさい」「並んでいるだけで疲れてしまう」といった悩みを持っている方がいると思います。僕も順番待ちで並ぶのがニガテなタイプなのですごくわかります。

今回はそんな方々に向けて店舗に行かなくてもAesopのハンドバームを買う後押し、購入の参考にしてもらえるような記事にしていこうと思います。

Aesop(イソップ)とは

イソップはヘアケア、スキンケア、ボディケア製品などを提供している会社です。

1987年にオーストラリアのメルボルンで創業されました。本社はメルボルンにあり、店舗は世界中にあります。

日本だけでなく世界中でも有名な会社なんですね!

また、イソップは創業以来、研究を重ねこだわり抜いた植物由来成分と非植物由来成分を使用しています。

こういった熱心な研究が製品の高い効果と使う喜びをもたらすことにつながっているように思います。

イソップはあの5つ星ホテルであるパークハイアット東京で客室のアメニティとして使われています。高級ホテルで認められているだけにイソップの製品の品質はかなり良いものであることは信じて良いのではないでしょうか。

イソップの2つのハンドクリーム

イソップのハンドクリームは2種類で展開しています。

一つ目はピンク色のパッケージが特徴のレスレクションハンドバーム。レスレクションハンドバームは旧製品名で今はアロマティックハンドバームと名前を変えて販売しているようです。パッケージデザインがおしゃれなのでプレゼントにもぴったりですね。パークハイアット東京で使われているということで話のネタにもなりそうですね。

二つ目はブルー色のパッケージが特徴のレバレンスハンドバーム。今回はレバレンスハンドバームを買いました。パッケージデザインや香りはアロマティックハンドバームもレバレンスハンドバームも男女問わず抵抗なく使えそうです。ちなみに僕はどちらかというとレバレンスハンドバームが好みでした。

それではそれぞれのハンドバームの特徴を見ていきましょう。

アロマティックハンドバーム(レスレクションハンドバーム)


アロマティックハンドバームの特徴を下にまとめました。

・香り
シトラス、ウッディ、ハーバル
 
・容量
75ml(チューブタイプ)
120ml(ボトルタイプ)
500ml(ポンプタイプ)
 
・価格
チューブタイプ ¥3300
ボトルタイプ  ¥4180
ポンプタイプ  ¥11000
 
・1mlあたりの価格
チューブタイプ ¥44
ボトルタイプ  ¥34
ポンプタイプ  ¥22
 
・テクスチャー
柔らかめ
 

香りはシトラス系です。このハンドクリームはマンダリンの皮が使われています。オレンジの爽やかな香りというよりはオレンジの皮のようにオレンジの良い香りがありつつすこしビターな感じがします。甘ったるさがなくメンズでも抵抗なく使うことができる香りとなっています。

手を洗った後も少々香りを感じることができます。鼻を手に近づけないと香りがわからないのですが、できるだけ長く香りを楽しめるのは僕にとっては好印象でした。

パッケージデザインはイソップらしいシンプルでおしゃれなデザインとなっています。カラーはくすみがかったピンクと男女問わず使っていても抵抗はない色合いだと思います。

アロエベラ液汁やシア脂などを配合していることから手肌に潤いを与えますが、手肌の潤いを持続的に満たす乳酸カリウムがレバレンスハンドバームには配合されていますがアロマティックハンドバームには配合されていません。店員さんも保湿性を求めるのであればどちらかというとレバレンスハンドバームをおすすめすると言っていました。

レバレンスハンドバーム


レバレンスハンドバームの特徴を下にまとめました。

・香り
ウッディ、アーシー、スモーキー
 
・容量
75ml(チューブタイプ)
500ml(ポンプタイプ)
 
・価格
チューブタイプ ¥3300
ポンプタイプ  ¥11000
 
・1mlあたりの価格
チューブタイプ ¥44
ポンプタイプ  ¥22
 
・テクスチャー
柔らかめ
 

レバレンスハンドバームは言葉では表現しにくい香りとなっています。最初は木や土のような香りがします。この香りが苦手な方もいるかもしれませんが個人的には好きな香りです。ハンドバームをつけてすこし経つと煙のような香りになります。お線香の香りにすこし近いような気もします。香り全体的には爽やかな香りというよりはスモーキーなくすんだ香りがするので寝る前につけるとリラックスできそうです。

イソップ レバレンスハンドバームを使ってわかったメリットと感想

今回はイソップのレバレンスハンドバームを購入しました。

僕の感想としてはもう一度買いたいと思うくらい良かったハンドバームでした。香り、デザイン、ベタつき感、価格などいろいろな面で魅力を感じるアイテムです。

ちなみに良い口コミをまとめるとこのようになっています。

・香りに癒される
 
・最初は好みの香りではなかったが、だんだん好きになっていった
 
・ベタつかない点が良い
 
・しっとりする
 
・見ためがおしゃれ
 

香り自体は好き嫌いが分かれるようで、この香りがニガテな方もいるようです。確かに今までのハンドクリームにはない独特なスモーキーな香りがします。

意外な発見だったのが最初は好きな香りではないが、だんだん好きな香りになったという方もいることでした。実は僕も最初はすこしだけ香りに違和感(コレジャナイ感)を感じていました。しかしつけているうちに徐々に慣れていったのか、ふとした時につけたくなるような香りに変わっていきました。今では好きな香りです。個人差はあるかもしれませんが、慣れてくると好きな香りになってくるのかもしれないですね。

さて、ネットの口コミを参考にしてもらったところで僕が実際に使って感じたメリットを紹介しようと思います。

最初にメリットと感想を下にまとめました。

・癖になるスモーキーな香りと持続性
 
・柔らかなクリームと伸びの良さ
 
・ベタつきの少なさ
 
・エモリエント成分が手肌に潤いを与える
 
・空間に馴染むおしゃれなデザインと容量
 

癖になるスモーキーな香りと持続性

一つ目のメリットは香りです。イソップのレバレンスハンドバームはとても良い香りがすると思います。

伝わりにくいかもしれませんが、自然の土や木の香りとスモーキーなくすみがかったような香りがします。フレッシュで爽やかな香りというよりは心地よくリラックスできるような落ち着いた香りです。

男性の方が使っていても違和感はありませんし、むしろ男性の方が使うと好印象を与えることができそうな香りがします。

ちなみにイソップのレバレンスハンドバームの香りは下のようになっています。

アーシーは英語でearthyと書き「土の」という意味があります。

・ウッディ
 
・アーシー
 
・スモーキー
 

イソップのレバレンスハンドバームは香りが良いというメリットの他に香りが長続きするというメリットもあります。

このハンドクリームをつけてから2時間くらい経って手を洗ってもまだ少しだけ香りが残っています。鼻を手に近づけないとわからない程度の香りですが、そのくらいの持続力があるということです。少しでも長く良い香りを楽しむことができると気分も上がりますよね。

香りの強さはハンドクリームをつけた直後に周囲にちょっと気づかれる程度で、とてもきつい香りがするわけではありません。会社などで使っても迷惑がかからないくらいだと思います。

柔らかなクリームと伸びの良さ

イソップのハンドクリームのクリームは柔らかめです。柔らかいのですがハンドクリームをつけて手を傾けてもクリームが落ちてくることはありませんでした。

このハンドクリームの伸びは良いため、たくさんつけなくても手全体に馴染ませることができます。

イソップのハンドクリームの特徴なのかクリームのカラーが少し黄ばんでいるのが気になりましたが、この黄ばみが肌にも残ることはありませんでした。

ベタつき感の少なさ

イソップのハンドクリームは手に馴染ませてもそこまでベタつき感を感じることはありませんでした

手につけた直後は流石にベタつきが残りますが5分もすれば特に気になることもなくなります。スマートフォンやパソコンの操作をするときの指紋を気にする心配はありません。

イソップのハンドクリームは伸びが良いため僕はたまに手につけすぎてしまう時があります。そのような場合は当たり前ですが少々ベタつき感が気になります。皆さんはつけ過ぎに注意しましょう。

検証

今回はビーズを使ってどのくらいのベタつき感なのかを検証しようと思います。

手につけて2〜3分ほど経過した後に手の甲にビーズを当ててどのくらいビーズがくっつくかを見ます。イソップのハンドクリームはベタつき感が少ない印象を持ちましたが、実際のところどのくらいのベタつき感があるのでしょうか。

結果は…

あまりビーズはつきませんでした。若干ビーズは着きましたがこのくらいであればベタつき感は特に気にならない程度だと思います。

エモリエント成分が手肌に潤いを与える

そもそもエモリエント成分とはなんでしょうか?

エモリエント」とは、皮膚からの水分蒸散を抑えてうるおいを保ち、皮膚を柔らかくすることをいいます。

引用元:日本化粧品工業連合会

イソップのレバレンスハンドバームは乳酸カリウムが配合されています。乳酸カリウムもエモリエント成分の一つで手肌を柔らかくし、うるおいを与えます。他にもアロエベラ液汁など保湿力に優れた成分が配合されており、手肌の乾燥を防ぎます。手肌のカサつきに悩んでいる方にはとてもおすすめしたいアイテムとなっています。

空間になじむおしゃれなデザインと容量

イソップのハンドクリームのパッケージデザインはシンプルで女性はもちろんのこと、メンズが使っていても違和感はありません。特にレバレンスハンドバームの方は色が青いため男性は使いやすいと思います。

シンプルなデザインであることからオフィス、自宅、バッグの中など、どこに収納していても変な目立ち方をすることがありません。おしゃれなパッケージデザインなので、見せる収納をすることで周りからも好印象を与えると思います。

パッケージはアルミでできているのでハンドクリームをつける時に容器を押すと潰れたままになります。イソップのハンドクリームをきれいに最後まで使い切りたい時は容器の先端部分から押すように心がけましょう。

シンプルなデザインといえば以前書いたSHIROのハンド美容液もシンプルなデザインなので気になる方は合わせてチェックしてみてください。

容器の開け方

イソップのハンドクリームを購入してキャップを開けると下の図のようにアルミで塞がれています。

開け方は簡単で、ハンドクリームのキャップの締める時に外側に向ける方を見てもらうと少しだけ尖っているのがわかります。尖っている部分をアルミへ差し込むと簡単に破れます。

下のように狙いを定めて…

押し込むイメージです。

内容量

チューブ型は75mlとなっています。イソップのレバレンスハンドバームの容量の種類は2つです。

75ml(チューブタイプ)
500ml(ポンプタイプ)
 

チューブタイプが一番小さい種類となっています。75mlはお試しサイズにしては少し量が多いイメージです。使い方にもよりますが、こまめに使っても1ヶ月以上は使えると思います。

容量別で下にどんな人にオススメかをまとめたのでご覧ください。

75ml(チューブタイプ)がオススメな人
・まずはお試しで使ってみたい
・携帯用として使いたい
・プレゼント用
 
500ml(ポンプタイプ)がおすすめな人
・持ち運びはせず自宅でのみ使う
・安く長く使いたい
・プレゼント用
・リピーター

デザインはチューブタイプもポンプタイプもシンプルで素敵なデザインなのでプレゼントとしてもオススメできます。

チューブタイプはポンプタイプよりも持ち運びがしやすいのが特徴ですが、縦の長さがだいたい16センチあるのでポケットのなかに入れることは出来なさそうです。バッグの中などに入れて持ち歩くようにしましょう。

ちなみにチューブタイプは1mlあたり44円、ポンプタイプは1mlあたり22円です。なのでリピート買いや長く使いたいという方はポンプタイプの方がお得だと思います。

・価格
チューブタイプ ¥3300
ポンプタイプ  ¥11000
 
・1mlあたりの価格
チューブタイプ ¥44
ポンプタイプ  ¥22
 

気になったところ

ここからはイソップのレバレンスハンドバームの気になったところを紹介しようと思います。香りやおしゃれなパッケージデザインなどたくさんの面で満足しているのであまり気になったところはないのですが2つだけ気になった部分があったので紹介しようと思います。

アルミチューブ特有の破れやすさ

イソップのハンドクリームの容器はアルミチューブです。アルミチューブだとハンドクリームを使うときにチューブを押した部分が凹んでしまい形状記憶をしてしまいます。そのため中身がなくなってきた頃には容器がベコベコになってしまいますし、中身を取り出すときにチューブをより強く押さないといけません。そして無理に強く押していると容器に穴が開いてしまうことがあります。

穴が開くことによって、その穴からクリームが出てきてしまいます。チューブタイプはイソップの中で一番小さい種類の容器なので携帯用としてオススメはできますが、チューブに穴が開いてしまいカバンのなかに漏れてしまうおそれがあります。チューブを押すときは破れないようにできるだけ爪で押さないように注意しましょう。

アルミチューブをきれいに使うためのアイテムがあるのでここに載せておきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルミ チューブ絞り器|チューブシボリ スクイザー スウィーザー 絞り器 しぼり…
価格:1509円(税込、送料別) (2022/4/21時点)

楽天で購入

キャップとチューブに付着するクリーム

継続して使っているとキャップの中とチューブの口にクリームが付いてしまいます。クリームが黄色いこともありチューブの口にクリームが着くと見栄えが気になってしまいます。

気にならない人にとってはデメリットにはならないのですが、僕は少し気になるポイントでした。クリームが柔らかいためどうしても避けられないことなのでここは割りきりましょう。

3,000円台でハンドケアまでできるイソップのアイテム4選

ここまでイソップのレバレンスハンドバームの商品レビューをしてきました。イソップのハンドクリームは男女問わずとても人気の商品であることからギフトとして友人や家族にプレゼントするのもぴったりだと思います。

イソップはハンドクリーム以外にも乾燥から手肌を守ることのできるアイテムがあります。それはボディーバームです。

このボディバームはシャワー後の肌に使うことをオススメされています。ひじ・ひざなど乾燥する部分につけるようにしましょう。全身に使うことを想定されているため手肌にも使うことができます。

最後にここからハンドバームと同じように3,000円台で買うことができるボディバームを4つ紹介していこうと思います。価格は全てイソップのホームページで購入した場合の価格になるのでご注意ください。

ゼラニウムボディバーム


・香り
グリーン、シトラス、フレッシュ
・容量
100ml チューブタイプ
500ml ボトルタイプ
 
・主な成分
ゼラニウムの葉、マンダリンの葉、ベルガモットの葉 (全て香料)
 
・価格
チューブタイプ ¥3905
ポンプタイプ  ¥11000
 
・1mlあたりの価格
チューブタイプ ¥39
ポンプタイプ  ¥22
 

リンドボディバーム


・香り
シトラス、フレッシュ
・容量
100ml チューブタイプ
500ml ボトルタイプ
 
・主な成分
ピンクグレープフルーツ、オレンジの皮、レモンの皮 (全て香料)
 
・価格
チューブタイプ ¥3905
ポンプタイプ  ¥11000
 
・1mlあたりの価格
チューブタイプ ¥39
ポンプタイプ  ¥22
 

レゾルートボディバーム

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Aesop(イソップ)レゾルート ボディバーム
価格:5236円(税込、送料別) (2022/4/24時点)


・香り
スパイシー、ウッディ
・容量
100ml チューブタイプ
500ml ボトルタイプ
 
・主な成分
ブラックペッパー(香料)
 
・価格
チューブタイプ ¥3905
ポンプタイプ  ¥11000
 
・1mlあたりの価格
チューブタイプ ¥39
ポンプタイプ  ¥22
 

インテンシブハイドレーティングボディバーム


・香り
シトラス、バニラ、ウッディ
・容量
100ml チューブタイプ
500ml ボトルタイプ
 
・主な成分
タンジェリンの皮、バニラ、サンダルウッド (全て香料)
 
・価格
チューブタイプ ¥3905
ポンプタイプ  ¥11000
 
・1mlあたりの価格
チューブタイプ ¥39
ポンプタイプ  ¥22
 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はイソップのレバレンスハンドバームを紹介しました。今回の良かったポイントをまとめたので参考にしていただけたら嬉しいです。

・癖になるスモーキーな香り
 
・伸びの良さ
 
・ベタつきの少なさ
 
・手肌に潤いを与えるエモリエント成分が配合
 
・空間に馴染むおしゃれなデザイン
 

好みは別れますが香りやデザインを楽しむことができる素敵なアイテムでした。気になった方はぜひ買ってみてください!


イソップは他にもヘアケア、フレグランス、アロマキャンドルなど様々な種類のアイテムを用意しています。気になった方はぜひホームページもチェックしてみてください。

では!

にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

プロフィール
この記事を書いた人
運営者

25歳の会社員です。
社会人になってからハンドクリームに興味を持ちました。
メンズでも使えるハンドクリームを探し、今まで使ってきた中でメンズにもおすすめできるハンドクリームを主に紹介していこうと思います。

運営者をフォローする
デザインハンドクリーム保湿
運営者をフォローする
PALM

コメント

タイトルとURLをコピーしました