Aesop(イソップ)のハンドクリーム2種類をメンズが紹介【アンドラムアロマティックハンドバームを使ってみた】

サラサラ

この記事ではAesop(イソップ)のアンドラムアロマティックハンドバームを実際に使った感想を紹介していきます。

結論からお伝えするとこのハンドクリームは使い心地や香り、デザインが非常に良いハンドクリームでした。

この記事でわかること
 
イソップのハンドクリームの香りの種類
アンドラムアロマティックハンドバームを実際に使ってみた感想
 

イソップは非常に人気のブランドです。店舗に行ってみると店舗の外に行列ができています。今回は店舗に行かなくてもイソップのハンドクリームを購入を検討する時に参考になる記事にしています。ぜひ最後まで読んでみてください。

イソップとは

1987年にオーストラリアのメルボルンで創業されました。本社はメルボルンにあり、店舗は世界中にあります。

日本だけでなく世界中でも有名な会社なんですね!

また、イソップは創業以来、研究を重ねこだわり抜いた植物由来成分と非植物由来成分を使用しています。

こういった熱心な研究が製品の高い効果と使う喜びをもたらすことにつながっているように思います。

イソップはあの5つ星ホテルであるパークハイアット東京で客室のアメニティとして使われています。高級ホテルで認められているだけにイソップの製品の品質はかなり良いものであることは信じて良いのではないでしょうか。

イソップの2つのハンドクリーム

イソップのハンドクリームは2種類あります。それはアンドラムアロマティックハンドバームとレバレンスハンドバームです。

アンドラムアロマティックハンドバームは以前イソップアロマティックハンドバームでしたが名称を変更しているようです。

どっちを選べば良いか、購入する時の注意点はあるかが気になる方はこちらの記事を参考にしてみてください。

アンドラムアロマティックハンドバーム

画像をタップすると楽天市場で購入することができます。

アンドラムアロマティックハンドバームの特徴を下にまとめました。

・パッケージカラー
ピンク
 
・香り
シトラス、ウッディ、ハーバル
 
・ベタつき感
サラサラしている
 
・容量
75ml(チューブタイプ)
120ml(ボトルタイプ)
500ml(ポンプタイプ)
 
・価格
チューブタイプ ¥3300
ボトルタイプ  ¥4180
ポンプタイプ  ¥11000
 
・特徴
万人ウケしそうな香り、ベタつきかんの少なさ

今回紹介するハンドクリームです。

このハンドクリームはマンダリンオレンジ果皮油が使用されています。マンダリンはオレンジの甘くて爽やかな香りとは少し異なりオレンジの皮のようにオレンジの香りと少しビターな香りがします。基本的にシトラス系は甘さと爽やかさの効いたさっぱりとした印象があるので夏にぴったりの香りです。一方アンドラムアロマティックハンドバームは甘さとに加え少しビターな落ち着いた香りとなっているため季節を選ばずいつでも使うことができるハンドクリームです。

レバレンスハンドバーム

画像をタップすると楽天市場で購入することができます。

レバレンスハンドバームの特徴を下にまとめました。

・パッケージカラー
ブルー
 
・香り
ウッディ、アーシー、スモーキー
 
・ベタつき感
サラサラしている
 
・容量
75ml(チューブタイプ)
500ml(ポンプタイプ)
 
・価格
チューブタイプ ¥3300
ポンプタイプ  ¥11000
 
・特徴
個性的な香り、高い保湿効果が期待できる

香りに書いてある通り木、土、煙が混ざった落ち着きのある個性的な香りがします。このハンドクリームはベチベル根油(ベチバーの香り)が使用されています。この香りは好きな人と苦手な人で分かれる香りだと思います。

個人的にはパッケージカラーや香りが気に入っているのでレバレンスハンドバームの方が好きです。

レバレンスハンドバームにはアンドラムアロマティックハンドバームには含まれていない乳酸カリウムという成分が含まれています。この成分は手肌により潤いを与えることを期待できます。

PALMではレバレンスハンドバームを使ってみたレビューを紹介しています。実際の使用感がよりわかるので気になる方はぜひチェックしてみてください。

イソップ アンドラムアロマティックハンドバームを使った感想

今回はアンドラムアロマティックハンドバームを実際に使ってみてわかったことを紹介します。

使ってみた感想を下の表の内容ごとに紹介していきます。

・落ち着きのあるシトラスの香りと持続性
 
・柔らかなクリームと伸びの良さ
 
・ベタつきの少なさ
 
・このアイテムに含まれたエモリエント成分
 
・容器のデザイン
 
・容器のサイズ
 
・容量と価格

落ち着きのあるシトラスの香りと香りの強さ

このハンドクリームは少しビターなオレンジの香りがします。爽やかなオレンジの香りだと夏に使うようなイメージがありますが、このハンドクリームはそのような爽快感がなく落ち着きがある香りなので季節を選ばず使うことができます。

さらに甘さもそこそこに抑えられているのでメンズでも使いやすい香りです。

香りの強さはそこそこだと思います。手につけて馴染ませている時は手を鼻に近づけなくても香ります。手に馴染ませた後はほんのり香りがする程度なのでオフィスなどでもつけやすいと思います。

同じオレンジの香りでももう少し甘めの香りがするハンドクリームも紹介しています。こちらもぜひチェックしてみてください。

柔らかなクリームと伸びのよさ

クリームはやや柔らかめです。クリームを手に乗せて手を傾けてもこぼれ落ちることはありません。

チューブを横向きに傾けるとクリームが溢れてくるので収納する際には縦向きに収納することをお勧めします。

黄色味がかった色をしていますが手に馴染んでも色が肌にうつることはありません

クリームの伸びは良く、たくさんつけなくても手全体に塗ることができます。

硬めのクリームの方が好きな方はぜひこちらも参考にしてみてください。

ベタつき感の少なさ

多少のベタつき感は感じますが、塗って少し経てばスマホの指紋を気にするほどのベタつきではないと思います。

どうしてもベタつきかんの少ないハンドクリームが欲しいという方はぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

検証

今回はビーズを使ってどのくらいのベタつき感なのかを検証しようと思います。

手につけて2〜3分ほど経過した後に手の甲にビーズを当ててどのくらいビーズがくっつくかを見ます。イソップのハンドクリームはベタつき感が少ない印象を持ちましたが、実際のところどのくらいのベタつき感があるのでしょうか。

結果はビーズが4つつきました。3〜4つほどのビーズであればそこまでベタつき感は感じないと思います。

容器のデザイン

容器はチューブ状になっています。カラーはくすみがかったピンク色です。

全体的にシンプルなデザインなので男女問わず使うことができると思います。

チューブがアルミでできているので一度で出てきたクリームがチューブに戻ることはありません。それによりクリームが空気に触れにくいというメリットがあります。空気に触れると酸化や劣化が進んでいくのでそれをある程度抑えられるのは嬉しいですね。

シンプルなデザインが好きな方はぜひこちらも参考にしてみてください。

容器のサイズ

チューブのサイズは縦の長さが約16センチです。ポケットに入れて持ち歩くには少し長いですが、カバンやポーチに入れて持ち運ぶにはちょうど良いと思います。

使い続けているとチューブのアルミの部分が破れてしまう恐れがあります。破れた部分からクリームが漏れる恐れがあるので気をつけて持ち運びましょう。

容量と価格

チューブ型は75mlとなっています。イソップのアンドラムアロマティックハンドバームの容量の種類は3つです。

75ml(チューブタイプ)
120ml(ボトルタイプ)
500ml(ポンプタイプ)
 

チューブタイプが一番小さい種類となっています。75mlはお試しサイズにしては少し量が多いイメージです。使い方にもよりますが、こまめに使っても1ヶ月以上は使えると思います。

容量別で下にどんな人にオススメかをまとめたのでご覧ください。

75ml(チューブタイプ)がオススメな人
・まずはお試しで使ってみたい
・携帯用として使いたい
・プレゼント用
 
120ml(ボトルタイプ)、500ml(ポンプタイプ)がおすすめな人
・持ち運びはせず自宅でのみ使う
・安く長く使いたい
・プレゼント用
・リピーター

デザインはチューブタイプもポンプタイプもシンプルで素敵なデザインなのでプレゼントとしてオススメできます。

続いて各容量に対する価格と1mlあたりの価格の紹介です。

・価格
チューブタイプ ¥3300
ボトルタイプ  ¥4180
ポンプタイプ  ¥11000
 
・1mlあたりの価格
チューブタイプ ¥44
ボトルタイプ  ¥34
ポンプタイプ  ¥22
 

容量の多いものの方が1mlあたりの価格が安いことがわかります。リピート購入する方やお得にハンドクリームを買いたいという方には容量が多いものがおすすめです。

まとめ

今回はイソップのアンドラムアロマティックハンドバームを使ってよかった点や感想を紹介しました。

こちらの記事ではイソップのハンドクリームを使って気になった点ハンドクリームを使う前の開け方なども紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

アンドラムアロマティックハンドバームかレバレンスハンドバームのどちらを購入するか悩んでいる方はぜひこちらを参考にしてみてください。

にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました